どちらの法律?


国際的な離婚のトラブルを解決するためには、まずはどちらの法律で進めていくかを確認する必要があります。双方が違う国の人であり、双方の法律を同時に使うわけにはいきません。国の法律によっては双方で異なる、あるいは逆転した考えなどがあります。ですから、まずはどちらの法律を使うのかを確認する必要があります。

離婚トラブルでの法律的な解決を行う場合は、どの法律を使うかが重要になります。必ずしも日本にいるから日本の法律で離婚トラブルを解決しないといけない、あるいは海外にいるから海外の法律を使わないといけないというわけではなく、ある程度の条件がありますので、それを適した法律を使うことになります。ただし、条件がクリアしていないと求める法律で解決が出来ない場合がありますので、しっかりと確認するようにしてください。かなり細かな条件がありますので、どちらの法律を使うかを知りたいなら弁護士に相談をしてください。

法律を決める際に、どちらがどのくらい日本にいるか、国籍がどのようになっているかなどのことを調べることが重要になります。日本の法律を使った離婚をしたいという人は日本にどのくらいいるか、常居所地がどのようになっているかなどを調べることで日本法律でやっていけるかもしれませんので、しっかりと調べるようにしてください。

 

ハーグ条約について

国際離婚でわりと問題になっているのが子供の親権問題です。これがたとえ裁判でしっかりと決められたとしても問題が解決出来ないということがあります。そこで日本ではハーグ条約というものを使用して子供の親権を守っていくようになっています。それについて簡単に説明していきます。

親権問題は日本だけのものではないです。普通に外国でもあることです。そして、国際結婚をした場合、どうにか子供だけでも国に連れていくという人が結構多くいます。そして、発生する子供の連れ去り事件です。それを守るためにハーグ条約というのがあるのです。

ハーグ条約により仮に親権を持たない親が子供を連れ去りした場合でもハーグ条約による処理を行う法律となっています。ハーグ条約により子供が悪影響な生活をしないためにも考えられた条約となっており、連れ去りなどを防止します。もしもこのような状態になった場合、必ず弁護士に相談をして正しい処理をしないといけません。特にハーグ条約を使う場合は弁護士による対処を行わないと国際問題になる場合もありますので、しっかりと相談をしてください。

実際子供を連れ去ってしまう国際離婚トラブルというのは多くあります。日本でもそれなりにありますので、そのようなトラブルになった場合は必ず専門家に相談をしていくことをおすすめします。